忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

意外と歴史があった


世の中でレーシックって流行っています。

レーシック(LASIK)は「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略で、1990年に確立された新しい屈折治療法です。
レーザーとつくくらいだから、なんだか最近のもののように感じますが、もう20年も続いているのかと意外でした。
しかしその歴史はさらに古く、なんと1963年の「ケラトミレイシス」まで遡れるのです。

フラップに手間のかかる「ケラトミレイシス」はあまり普及しませんでした。
しかし、1988年にマイクロケラトームを使った「エーエルケー」が行われると再注目されました。
そして、1990年、レーシックが誕生しました。

1999年、ピーアールケーとレーシックを融合したようなレーゼック(ラセック)が開発されました。
2004年にはオートレーゼックとも言えるエピレーシックが開発されました。
2001年に究極の屈折手術とも言うべきイントラレーシックが開発されました。

術式とともにエキシマレーザー装置も発達しました。最先端のエキシマレーザー装置はウェーブフロントレーザーです。

レーシックってすごい技術なんですね。
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R